【最新版】YouTubeの再生回数を買うデメリット

YouTube 再生回数 買う
YouTubeの再生回数や登録者数というのは買うことができます。Google・YouTubeは推進していませんが、このようなサービスを利用することで一定の再生数を獲得でき注目を集められるメリットもありますが、デメリットもあります。今回は、YouTubeの再生回数を買うデメリットについてお伝えします。

YouTubeで収益を上げることの難しさ

YouTubeの再生回数を上げて収益化
YouTubeで動画配信を行い、収益を上げているYouTuberのおおよその収益額は2~5万円程度とも言われています。
登録者数が100万人を超える「ヒカキン」や「はじめしゃちょー」といったトップYouTuberであれば、数千万・数億といった莫大な利益をYouTubeで上げているため、夢があるといったイメージもありYouTubeを始める方が増えています。

しかし、動画をアップしても数十回程度の再生では、アルバイトの時給よりも安く稼げていません。理想と現実のギャップに驚くことでしょう。

ある程度の収益を上げるには、登録者数の増加と再生回数の獲得が必須条件です。
毎日の動画配信だけでなく、急上昇や有名YouTuberとのコラボなど動画としてヒットする企画を発信できなければ、視聴者が急激に増えることも難しいと言えるでしょう。

再生回数・登録者数が増えなければ、いつまでたっても収益化することはできません。
従って、YouTubeの再生回数や登録者数を販売する企業へ依頼して再生回数を増やし、軌道に乗せることも収益を上げ認知度を高める方法の一つとなります。

YouTubeの再生回数を買うってどういう事?

YouTube 再生回数 購入
YouTubeの再生回数については、インターネット上に接続されたIPアドレスから連続して再生された動画は1回としてカウントされた後は、何度視聴しても1回以上のカウントはされません。同一の接続回線を使用している限り、自身で再生回数のカウントを増やすような水増しは出来ません。

どうやって再生回数増やそう?お悩みになると思われます。
日々努力して動画配信を行ってるけど、なかなか成果が表れない。
そんな時に、一度頼ってみて欲しいのが、再生回数・登録者数を販売する会社への依頼です。
そもそも、YouTubeの再生回数や登録者数を購入することが出来ることを知らない方もいらっしゃると思いますが、購入は可能です。YouTubeに限らずTwitterやInstagramにFacebookなど、SNSの登録者数・再生回数を販売する企業があるのです。

Googleの検索エンジンで「YouTube 再生回数 購入」などといったキーワード検索を掛ければ多くのサイトがヒットするでしょう。

サイトの情報を確認すると料金表があり、再生回数1000回で何千円などで販売されています。

これって違法ではないの?という疑問もあるでしょう。
法律では違法とはされませんが、YouTubeの規約違反に当たるケースも存在します。

特に、オークションサイトでも頻繁にこのような取引が行われていますが、なかには自動化されたロボットを利用し、視聴時間の終わりが同一や急激な再生回数の増加など不自然にあたるケ―スは、YouTubeのシステム異常に検知され規約違反に触れていれば、アカウント停止・凍結などのペナルティを受ける可能性もあるのです。このような、再生回数を増やす悪徳業者もありますので購入する際にも注意が必要。

なぜ再生回数を購入するの?

再生回数が少ないということは、収益を上げられないだけでなく企業戦略としても失敗しているということです。発信した情報も受け取り手がいなければ時間の浪費であり無駄です。企業も収益の上がらない部署に年間数百万円の人件費を割いていればリストラ対象になるように、実績が上がらなければオワコンです。

YouTubeという動画配信では、再生され認知が広まりブランディング効果が期待できる国内最大級の動画配信メディアです。人口の約7割以上が利用している媒体ですので、視聴されない状況が続けば企業戦略としては戦略を変える必要性が生まれます。

そして、なぜ再生回数を購入することを考えるのかと言えば、単純に視聴回数が多い動画が関連動画に並ぶことでユーザーが視聴する可能性が高まるのです。数十回の再生動画を次に見てみようというケースは少なく、数万・数十万回再生されている動画なら見てみようという心理も働くことが多いのです。

ペナルティーを受けないで購入できる


YouTubeの規約違反に触れる様な方法じゃなく、再生回数を購入することもできます。
それは、リアルユーザーに頼る手法です。

VMJPのショップでは、独自のマーケティング手法でリアルアクティブユーザーが動くことにより、機械的な視聴ではなく、ごく自然に皆様が利用しているYouTubeの視聴方法と同様な手順で行うためYouTubeの規約違反には相当しません。

また、リアルアクティブユーザーが自然に視聴する場合には、再生時間が長くなるので広告収入などの利益を獲得することにも繋がります。

まとめ

YouTubeの再生回数を購入することで生まれるデメリットは、YouTubeの利用規約に違反しアカウントが凍結・停止されてしまう可能性があることです。
しかし、リアルユーザーが手動でおこなう場合には購入した分の視聴回数が増え、新たなオーディエンスが増える可能性もあります。

ただし、新たなオーディエンスが必ずしも登録者になるや毎回視聴してくれるとは言えません。また、自社サイトへリンクしコンバージョンに必ずしも繋がるわけではありません。

あくまでオーディエンスは、YouTubeで楽しいや学べるといった情報を得るために動画視聴しているのです。動画制作自体のクオリティーが悪ければ、いくら再生回数や登録者数を購入しても、最終目標に繋がらないというケースはあり得ますので注意しなければなりません。