【最新版】YouTubeの広告で再生回数を増やす方法


自身のYouTubeチャンネルに人が集まらない。このような状況は望ましくないと考える企業や個人のYouTuberは多くいることでしょう。再生回数を増やす方法をインターネットで検索し試行錯誤していませんか。今回は、YouTubeの広告で再生回数を増やす方法についてお伝えします。

YouTubeで再生回数が伸びない理由


まず最初に、自分が配信した動画の再生数が伸びないのか考える必要があります。
登録者数が100万人を超える有名YouTuberであれば、動画内容に変わり映えがさほどなくてもファンが見るため、一定数の再生回数を計測することができます。しかし、登録者数が少ない方の動画配信は、いくら動画をアップしても視聴者数が伸びることは難しいでしょう。

独自の世界観を作り上げ、一気にバズることもありますが、特質した動画作成を行っていないのであれば、再生回数を上げることはかなり難しくもなります。また、企業系のYouTubeチャンネルの場合は、特色をしっかりと反映した動画内容・視聴者が求めているであろう情報を与えられているかといったポイントも重要。

また、画質や機材の良し悪しも十分気を付けなければなりません。ネットでも4Kが見られる時代です。ビデオカメラや編集ソフトへの投資にも気を配る必要があります。作品のクオリティーが低ければ、それだけ視聴者は離脱しやすい傾向にもあります。

ただし、再生回数が伸びない理由は、視聴者が訪れるほどの魅力がないと判断するのも早いかもしれません。

最低限対応できる再生・視聴回数を増やす方法


YouTubeにも検索エンジンの様なSEO対策が効果的になるアルゴリズムが存在します。
YouTubeの再生・視聴回数が増えない時には、まず現在配信している動画のタイトル・ディスクリプション・タグへのテコ入れが必要なケースもあります。

また、SNSも積極的に活用するのがオススメです。
TwitterやFacebookなどのアカウントを使用して宣伝をすれば、YouTube動画を見に来てくれる可能性が増えます。仮に、5000人のフォロワーがいるアカウントを持っていれば、そのフォロワーが視聴するだけでなく、共有し拡散してくれるといった宣伝効果もあるので、相乗効果で再生数が伸びることも考えられます。

そして、YouTubeの広告を利用して再生回数を増やすという手法が、最近注目されています。YouTubeチャンネルを開設したとしても、多くのユーザーにチャンネル開設した状況は伝わりません。検索で引っかかり見れる状況になって初めて視聴するユーザーが大半です。

動画を何本か配信しても、再生回数が伸びないと感じたらYouTubeの広告で自身のYouTubeチャンネルを紹介する広告を利用してみましょう。芸能人の速水もこみちさんや講演家の鴨頭嘉人さんといったYouTuberが、YouTube広告を利用してYouTube内での自身のチャンネルの認知度を高め再生回数・登録者数も軒並み伸びています。

YouTube内で使われているTrueView広告とは

YouTubeを視聴すると、本編動画が再生される前に広告が流れます。これがYouTube内で使われているTrueView広告になります。

TrueView広告には、本編再生前に5秒から30秒程度流れるインストリーム広告と、YouTubeの検索結果画面や視聴している動画の関連動画として表示されるディスカバリー広告の2種類のスタイルがあります。

インストリーム広告は、5秒経つとユーザーが任意でスキップできるので、ユーザーの興味を引けない広告だとスキップされてしまう可能性が高いです。しかし、料金形態はユーザーが広告を30秒以上視聴するか、広告に興味をもったユーザーがクリックをしなければカウントされないので、費用対効果に優れた広告。

前項でも、取り上げた速水もこみちさんや鴨頭嘉人さんは、配信している動画の一部を広告として配信し、自身のページの情報を伝えユーザーに存在を認知してもらうために利用しています。

ユーザーは視聴したい動画を見るためにYouTubeを利用しているので、広告が流れて5秒経過すれば、スキップボタンを押して本編を視聴することでしょう。従って、インストリームでは最初の5秒間の力の入れ方が重要なのです。

広告で再生回数を増やす為の5秒間


インストリーム広告は5秒間でユーザーに視聴を続けるとメリットがあり、続きが気になる内容を配信することが重要です。しかし、ユーザーがスキップをすることを前提として考えなければいけませんので、5秒間でなるべく多くの情報を詰め込み、本当に興味を持ってくれるユーザーに訴えかける内容として作り込む手法が増えています。

5秒間という限られた時間内で商品・サービスの説明だけでなく、ターゲティングにマッチする印象を残す広告を作らなければ意味がないのです。

広告から興味を持って、自身のチャンネルへ誘導することが出来れば、再生回数も伸び、過去に配信した動画も再生数を稼ぎ出すことにもつながり、視聴者数を増やすことができるのです。

まとめ

YouTubeで広告を使い再生回数を増やすことで、自身のサイトに集客力も付いてきます。
SNSでの投稿やWEB広告では、YouTubeの再生数を伸ばすのに苦労するでしょう。しかし、TrueView広告は動画を視聴しようとしに来ているユーザーがターゲットになるので、比較的インストリーム広告をクリックし、再生回数が増えるため5秒間の間でユーザーにインパクトを与え心を掴む広告用の動画を意識して制作するのも重要となります。