【最新版】YouTubeチャンネル登録者数を増やす方法


YouTubeでチャンネルを開設し、動画をアップをしていけば登録者数が増えていくものだと考えているYouTuberもいるでしょうが、実際はそう簡単に登録者は増えず再生回数も伸びません。収益化したい方にとっては苦悩の連続です。今回は、YouTubeチャンネル登録者数を増やす方法についてお伝えします。

登録者数が増える事で得られるメリット


YouTubeで登録者数を増やすことで得られるメリットは、全体の動画再生数アップだけでなく、ブランディングやマーケティングに役立てることが出来るといったことです。
動画再生数が増えれば稼げるようにもなるので、YouTuberにとっては登録者数も再生数同様に増やさなければならない状況となります。

固定のファンが毎回アップする動画を見てくれるパーセンテージが増えるほど、安定した収入源にもなるため登録者数を増やすことも目指さなければいけません。
そして、新たにチャンネル登録をしてもらえることで、「登録チャンネル」のメニューから最新の動画だけではなく過去の動画を見てくれる可能性が高まり、収益アップに繋がります。

ただし、登録者数を増やすにも努力や戦略が必ず必要となり、成果が表れないことでYouTubeを辞めてしまわなければならない状況にもなるでしょう。
だからこそ、登録者数を増やす対策を行う必要があるのです。

登録者数を増やすには

YouTubeで登録者数を地道に増やすには、毎日投稿・決められた曜日に新着動画をアップするといった視聴者を待たせないことが重要です。有名YouTuberの多くが毎日配信や週6配信を行っているのでスピードは大切。

仮に月一などの配信期間に空白が出来てしまう事が多いと、せっかく掴んだ視聴者もチャンネル登録を外してしまうリスクも高まります。YouTubeで利益化できるようになるまでは、動画撮影・編集し、ほぼ毎日配信する工程を行わなければ成功にはつながらないと考えておきましょう。

配信も予約投稿ができるので、1日に数本の動画を撮りためておくなど工夫をしないと、休日を作ることも難しくなりストレスが溜まってしまう事でしょう。
また、登録者が減るや再生数が延びない原因にもなるので、クオリティーの低い内容の制作も許されません。
YouTuberとして結果を出すためには、それなりの覚悟が必要となります。

YouTube以外から登録者数を獲得する方法


動画を紹介する外部メディアを利用する方法もあります。
まずは、SNS(TwitterやFacebookにInstagram)を利用して自身の動画を紹介する方法です。
フォロワーが多いアカウントの持ち主であれば、1000人いれば1000人以上の宣伝効果もあるので、SNSを利用してYouTubeへの流動的な流れを作り上げるのも一つの方法です。

外部リンク系のメディアを利用することでも自身のサイトを紹介することも出来ますが、費用も掛かるため、予算に限りがある場合にはYouTube内の広告を利用することをオススメします。

YouTubeには、Googleが運営するYouTube内で展開されるTrueView広告という物があります。ユーザーがYouTube内などで動画を視聴する前や動画の検索時、また、おすすめ動画を閲覧したりしているときに表示される広告になり、クリックや広告の視聴時間によって請求されるタイプの広告ですので、費用対効果は安く済ますことが出来ます。

広告に関しては、ユーザーを惹き付けることが出来る動画内容でなければならないので、クオリティーの低い情報を与えていれば広告をスキップされてしまい、求めていた効果は得られない可能性も十分にあります。ただし、セグメントを絞り配信することが出来るので、不特定多数に配信する広告よりも数段力を入れることができる広告として注目されています。

登録者数が伸びない場合の最終手段


上記の様な施策を行っても、登録者が伸びない場合は「登録者数を買う」という行動で、人気を自作する方法です。登録者数の少ない動画は面白くない!このような固定概念はYouTubeでも当然のように起こります。しかし、登録者数が多ければ、見たことないけどちょっと見てみようかといった意識誘導にも繋がります。

インターネットビジネスにおいて、再生回数を買うや登録者数を買うということが行われています。登録者数が少ないうちは、まずは自身のサイトを成長させるためにも、登録者数や再生数を購入して、バズる動画を配信する努力をするのも一つの方法なのです。

しかし、YouTubeの利用規約から外れているのではないのか?といった疑問もあるでしょう。

違法とされ摘発された問題の大半は、オークションで販売しているYouTubeの再生回数によるものが多いのです。ロボットで機械的に視聴回数などを操作し、同じサーバーやIPアドレスより集中アクセスするため、YouTubeのAIや規約から外れ監視に引っかかってしまい、アカウント停止・凍結といった俗にいうバンされることはあります。

一方でVMJPのショップで行う手順は、ロボットでの機械的な操作は行いません。
独自のマーケティング手法でリアルなアクティブユーザーに貴方のYouTube動画を再生してもらうことで、視聴回数などが減ったや登録者数が増えないといったトラブルは基本的に発生しません。ご安心してご購入していただけます。

まとめ

YouTubeのチャンネル登録者数を増やすために押さえて置くポイントは、

・日々の動画配信のスパンは短めに(毎日・毎週何曜日など)
・動画のクオリティーを保つ(編集・企画内容)
・SNSなど外部ネットを使って目に触れるユーザーを増やす
・TrueView広告を使用してターゲットに認知してもらう
・登録者数を購入して見られるチャンネルに育てる

上記項目を念頭に効果的に使うことにより、YouTubeチャンネルの成長速度もブースト出来るようになりますよ。

しかし、YouTubeで一番大切なのは、再生される動画の内容です。
つまらなければ再生回数や登録者数も増えません。ましてや、ファンも付きません。
クオリティーの高い動画を作り上げることも忘れずに!