【最新版】YouTube公式のTrue View広告とは


YouTube公式のTrueView広告は、ターゲットに絞った配信が可能です。ユーザーに向けて、ピンポイントにアピールでき、広告の中でも料金が安く費用対効果が高いためオススメです。今回は、YouTube公式のTrue View広告とは、どのようなサービスかご紹介します。

TrueView広告とは


TrueView広告とは、youtube内で出稿できる動画広告になります。
動画視聴前や、動画検索中に表示され、セグメントを絞りターゲットとするユーザーに配信する事が可能な動画広告サービスです。

YouTubeの利用者は国民の7割5分にも至ります。

参照:総務省 平成30年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査
https://www.soumu.go.jp/main_content/000644168.pdf

これだけの視聴者に広告を見せることができる媒体はTV以外には考えられません。そのTVコマーシャルを制作し流すには、数十万から数百万円の予算が必要となります。大手企業であっても、TVコマーシャルに費用を割くよりも、リスティング広告やDSP広告に回した方が効果的だということも納得がいきます。

しかし、TrueView広告は、動画視聴前に配信される広告には、動画広告開始5秒後にスキップすることが可能となり、30秒以上視聴されなければ広告費用は発生しないという特徴があります。広告へ興味を示したユーザー以外の視聴については料金が発生しないので、無駄な広告費を支払う必要性がないのです。従って、コストパフォーマンスに優れている広告として注目されています。

そして、YouTubeの利用者数とコストパフォーマンスだけが特質したメリットではありません。さらに、TrueView広告の特徴を説明致します。

TrueView広告の特徴

1.広告配信までのタイムロスがない

広告をメディアを通して発表するのには、時間も労力もかかります。
TrueView広告は、YouTubeに動画を掲載し広告設定をすれば、すぐに配信を開始出来るので、セール情報や新商品の発表などもタイムテーブルに合わせて配信が出来ます。また、求人募集など年間を通じて配信したい内容など、見せ方・配信する時期も簡単に操作できます。

2.集客ルートの拡大

WEB広告やアフェリエイト広告、ADNWにソーシャルメディア広告などからの集客は全て行い、他の集客ルートを探している企業は、TrueView広告を試してみる価値はあります。そもそも、利用者が多いYouTubeでの費用対効果は、他の広告よりも優れています。
また、GoogleAdWordsと連携したリマーケティング機能が付随しているので、各種PPC(Pay Per Click)広告との相乗作用を促すことが可能となります。

3.自社サイトやランディングページ(LP)への誘導が可能

オンライン動画広告は、テレビCMといったブランディング戦略が主となる広告と同等のブランディング力だけでなく、閲覧したユーザーが即行動に移せることが可能です。広告をクリックする事により直接サービスを販売するサイトへ遷移することで、コンバージョン率を高めることが出来るのです。

4.ターゲットに合わせた広告の見せ方

動画配信プラットフォームのYouTubeは世界最大級の利用人口でもあり、ターゲットに合わせた細かなセグメント(年齢・性別・特定地域・ジャンル・キーワード・視聴端末など)の設定が可能。動画広告がはじめての企業主の広告媒体として利用するのにもオススメ。

5.2種類の広告から選べる

YouTube広告は、インストリーム広告とディスカバリー広告の2種類から選べます。
インストリーム広告は、動画が再生される前、再生中、または再生後に動画広告が流れます。5 秒が経過すると、広告をスキップするオプションがユーザーに委ねられます。
ディスカバリー広告は、検索ページと動画再生ページに加え、モバイルアプリのトップページにも掲載されます。広告ユニットにはサムネイル画像と最大3行の広告文の表示が可能となります。

参照:TrueView インストリーム広告
https://support.google.com/displayspecs/answer/6055025?hl=ja&ref_topic=4588474

参照:TrueView ディスカバリー広告
https://support.google.com/displayspecs/answer/6227733?hl=ja&ref_topic=4588474

TrueView広告のデメリット


ユーザーに視聴される可能性が高いTrueView広告にも、デメリットはあります。
それは、いくらユーザーを絞って広告を流したとしても、その広告の質が低ければスキップされてしまう可能性が高くなります。また、頻繁に流れてくるようであれば、マイナスイメージを持たられる可能性すらあるのです。ユーザーの関心を抱かせるには、クオリティの高い作品にすることも重要。

しかも、冒頭の5秒で印象付けることが大切ですので、5秒で視聴者をくぎ付けにするだけの影響力のあるCMにしなければなりません。ただし、どんなに工夫を凝らしている動画広告を制作しても、スキップが習慣づいている視聴者に見てもらえだけのインパクトを残すのもかなり困難であると言えます。無理やり流されるコマーシャルとなれば、印象が悪くなる可能性が高まります。

このようなデメリットをカバーするには、品質の高い動画CMを制作する必要があります。いくら費用対効果が低くYouTubeの利用者が多かったとしても、闇雲にリサーチせずに配信を開始すればメリットよりもデメリットの方を印象付けてしまうこともあります。

まとめ

YouTube公式のTrueView広告は、日本国内において利用者が多く配信することは大きなメリットとなり、様々な情報を基にしたターゲティングにより有効的なマーケティングが可能になります。
しかし、使い方を間違えればユーザーのブランドへの印象が悪くなるケースも。
従って、広告動画としてのクオリティーを高くし、明確なターゲットへのアプローチを心がけなければなりません。