YouTube再生回数を買うメリットとデメリット

【徹底比較】YouTubeの再生回数を買うメリットとデメリット

業者や広告でYouTubeの再生回数を購入する方法

YouTubeの再生回数は購入して増やすことができます。
ユーチューブの動画の再生数を増加させると、検索上位に表示させたり、関連動画に乗りやすくすることができます。

YouTubeの再生回数を購入するデメリットとは
意外なことに、有名YouTuberから、開設したばかりのチャンネルまで様々なユーザーが使っています。
今回は、一見するとズルいと思える再生回数を買うサービスの疑問である
「どうやって再生回数を買うのか?」
「メリットやリスクはないのか?」
について解説していきます。

YouTubeの再生数を買うってどういうこと?

そもそも「YouTubeの再生数を買う」とはどういうことなのでしょう?
YouTubeの再生回数を買うということは、YouTubeにアップロードされた特定の動画の視聴回数を、対価を支払うことによって増加させるサービスや仕組みのことです。
自分のチャンネルの中で自信がある動画をバズらせたい時や好きなYouTuberに貢献したいファンなどがこのサービスをよく利用しています。

再生回数の水増しはズルいのか?

一般的に再生回数を買うという行為は「ズルい」と思われがちです。
これはYouTubeのコミュニティガイドラインに

「エンゲージメント(視聴回数、高評価数、コメントなど)を得るためだけに視聴者を呼び込むコンテンツは禁止されています」(YouTubeポリシー>虚偽のエンゲージメントに関するポリシー)

と記載されていることに起因しています。(ちなみにYouTubeの規約では上記のように定められていますが、法に触れるような犯罪行為ではありません)

しかしながら、こう言ったサービスを利用したYouTube戦略は、海外では一般的に行われています。
どちらかといえば、このような行為はマーケティングやブランディングの一環として捉えられており、世界的に有名なアーティストも再生回数を購入することで、自分たちの曲をバズらせています。
日本でも、某大手レーベルのアーティストの曲に再生回数が付与されているというのは業界で有名な話です。
アニメや映画の主題歌として選ばれる曲を人気になる前からあらかじめ再生数を援護射撃し、ブームが本格化した際には「再生回数がすごい!」と注目され、更なる視聴へと波及させる仕組みを作っているのです。

こういった事実を踏まえると再生回数を買う行為はYouTubeで成功を収めるための即効性のある戦略の一つといえるでしょう。

再生回数を買うサイトや方法を比較

では、そう言った戦略を個人レベルで取り入れたい場合はどうすれば良いのでしょう?
実はYouTubeの再生回数を買う方法は、大きく分けると2つの方法が存在します。
それは「販売業者で買う」方法と「YouTube広告を出稿する」方法の2種類です。
それぞれのメリットとデメリット交えて比較していきます。

再生回数販売業者から買う方法

Google検索で

YouTube 再生数を買う」「YouTube 再生回数 購入

と検索すると様々なサイトが出てきます。
最近では、スキル販売系のサイトやオークションサイトでも販売しているのを見かけます。

結論から言うと、このような業者から再生回数を購入するのは避けた方が良いです。
厳密にいえば「しっかりとした」業者のサイト以外から買うのは辞めましょう。

ここで言う「しっかりとした」を見極めるポイントは以下の通りです。

・個人運営ではなく法人が運営している
・スキル販売系、オークションサイトでの出品ではなく自社サイトがある
・サイトの運営元に法人情報の記載がある
・「特定商法に基づく表記」の記載がある
・「プライバシーポリシー」の記載がある
・メールだけではなく電話でもサポートしている

スキル販売系のサイトやオークションサイトへ出品されているものの多くは、業者が運営しているサイトのサービスを二次受けして販売しているだけのものが多く、料金も販売元に上乗せしている金額が存在する場合が多いです。

また出品者との間のやり取りにおける不安要素が多いのも買わない方が良い理由の一つです。
こういったスキル販売系のサイトでは、何かトラブルがあって評価が下がったとしても、アカウント自体を削除して再度出品することが可能です。
極端な話ですが、支払い後に再生回数が増えないまま逃げられてしまう可能性もあるからです。

一方で、自社で販売サイトを運営していれば安心なのでしょうか?
答えはNoです。
なぜなら、販売サイトにも技術力や管理体制に優劣があるからです。

YouTubeは一定時間の再生回数のカウントをIPアドレスごとに判別しています。
前述の通り、ロボットや自動化ツールを使って操作された再生はGoogleのAIに感知されてしまいます。

技術面で信頼性に乏しいサイトは、総じて運営や管理体制が杜撰であることが多いです。
そのようなサイトにありがちなのが「特定商法に基づく表記」や「プライバシーポリシー」といったECサイトであれば必ず記載するべき項目がありません。
法人を装って個人で運営しているようなサイトもあるほどです。

技術力が低いサイトでの購入は、再生回数が伸びないというだけでなく、動画の削除やアカウント停止などのリスクが高いので、利用は避けるようにしましょう。

こういったサイトは少人数、または個人で運営している為、問い合わせ先の記載がなかったり、電話番号の記載がなかったりします。
逆にいえば、サポートとの連絡手段が問い合わせのメールフォームだけでなく、電話での問い合わせ窓口を用意しているサイトはサービスとしても会社としても信頼できると言って良いでしょう。

広告で再生回数を増やすメリットとデメリット

ユーチューブを使ったことがあれば誰もがYouTube広告を見たことがあるでしょう。
動画開始前や再生中で流れてくる短い動画が広告です。
広告にはいくつか種類がありますが、ここでは動画の再生回数を増やすことができる「True View広告」についてお話しいていきます。

関連記事『YouTubeで収益が得られる仕組み』

【2021年版】YouTubeで収益が得られる仕組み -完全解説-

 

YouTubeの広告と言われて一般的にイメージしやすいのは、企業の商品やサービスの認知拡大のために広告を出稿するパターンかと思います。
企業は自社サービスのCMを流すために広告費を投じていますが、これと同じ仕組みであなたの投稿しているYouTube動画に広告を打って拡散することができるのです。

この方法の最大のメリットはYouTubeが公式に推奨している再生回数の購入方法ということです。
広告で再生回数を増やしたい人が多くなれば、結果的に儲かるのはYouTubeですから、当然といえば当然です。

また詳細なターゲティングができる点も大きなメリットです。
Googleのアカウントに紐づく情報や視聴しているYouTube動画から、ユーザーの興味関心、趣味趣向、居住エリア、性別、年齢層などを判別し、広告を流します。
しっかりと視聴者の分析ができていれば、あなたの動画に興味がありそうな潜在的ユーザーを掘り起こすことができるのです。

一方でYouTube広告で動画の再生回数を増やすにはデメリットも存在します。
それは、エンゲージメントが下がる点です。

そもそもYouTubeの視聴者は広告に対してあまり良い印象を持っていません。
自分が面白そうと思ってクリックした動画の前に不適切な動画が流れてくれば無理もありません。
たった6秒間でも積み重なったストレスから感じるものはネガティブなイメージなのです。
人によってはわざわざ低評価だけつけて、離脱するユーザーもいます。

こうなってしまっては広告掲載期間が終了した後に残るのは、散々な再生維持率と大量の低評価のみです。
確かに再生回数は伸びるかもしれませんが、YouTubeからの動画の評価はとてもじゃないですが高いとはいえなくなってしまいます。
その動画がその後、検索上位に表示されたり、関連に露出されることはほとんどなくなってしまうことでしょう。

また業者で購入するように〇〇〇〇回再生という再生を保証していません。
あくまで推定インプレッションという形で、「〇〇人の目に触れる可能性がある」という表現しかされません。
こういった部分は再生のコミットが欲しい人からしたら悩みの種となっているのです。

広告の指標とレポートについて( https://support.google.com/google-ads/answer/2375431?hl=ja )

安全で効果的に再生回数を買う方法

再生回数の購入をYouTubeにバレるリスクも避けたいし、視聴者の低評価ももらいたくない!と言う方に朗報です。
VMJPで再生回数を購入すればYouTubeにBot感知されることなく、動画を拡散することができます。
また広告による拡散のような推定インプレッションではなく、実際に注文した再生回数に達するまで拡散され続けます。

【業界最安】YouTubeの再生回数を購入
https://videomarketing.jp/product/格安youtubeの再生回数を購入/

YouTube再生回数(国内ターゲティング)
https://videomarketing.jp/product-category/japan

YouTube再生回数(海外配信)
https://videomarketing.jp/product-category/intl/

 

再生回数を買う方法の比較まとめ

最後にそれぞれのメリットとデメリットをまとめてみます。

再生回数販売業者で購入
◯安く再生回数を増やせる
×YouTubeに感知され垢BANのリスクが高い
×ターゲティングできない

広告で再生回数を増やす
◯詳細なターゲティングができる
×低評価がつきYouTubeの評価が下がりやすい
×再生回数のコミットがない

VMJPで再生回数を購入

◯再生回数のコミットがある
◯YouTubeに感知される心配がない
×国内か国外までのターゲティングしかできない

もし自分に合ったサービスがどれかわからないという場合はぜひVMJPにお問い合わせください。
広告の運用代行も含めた総合的なYouTube戦略をご案内させていただきます。

お問い合わせ先
TEL→03-6324-3643
メール→info@videomarketing.jp

 

コメントする