YouTube再生回数を増やすツール

YouTubeの再生回数を増やすツールって実際どうなの?

YouTubeの再生回数を増やすツールがあるのをご存知ですか?YouTubeに投稿した動画の再生回数を意図的に増加させる事ができるサイトが存在するのです。「YouTube 再生回数 買う」といった言葉で検索すると意外にもたくさんのサイトがヒットします。このようなサイトでは動画の再生回数を購入できるだけでなく、チャンネル登録者数も増やす事ができます。

YouTube再生の増加ツールとは

またYouTubeに限らず、InstagramやTik Tokのいいねやフォロワーも増加させることが可能です。動画のスキルやSEO対策の知識も未熟なYouTube初心者にとって、簡単かつ安価に人気のチャンネルのように見せる事ができるので近年人気のサービスとなっています。この記事ではそういったYouTubeの再生回数を増やす事ができるツールを使うとどうなってしまうのかについて解説していきたいと思います。

実際は、再生回数を増やすツールは危険?

結論から言うと、オススメできません。なぜならこういったツールはYouTubeの利用規約に違反する可能性がある行為だからです。ツールを使っているというYouTuberは存在し、ツールを販売している業者も多数存在します。しかしながら、そのどれもが「100%安全」であるとは言えません。YouTubeの利用規約には、意図的に再生回数を増やす行為を禁止する文章が存在します。


自動システムを使用して、または何の疑いも持たない閲覧者に動画を示して、視聴回数、高評価数、コメント数、その他の統計数を故意に増やそうとする行為は、YouTube で許可されていません。加えて、エンゲージメント(視聴回数、高評価数、コメントなど)を得るためだけに視聴者を呼び込むコンテンツは禁止されています。

このポリシーに準拠していないコンテンツとチャンネルは、YouTube から削除される場合があります。

(YouTubeのポリシー>虚偽のエンゲージメントに関するポリシーhttps://support.google.com/youtube/answer/3399767


YouTubeは自分たちのプラットフォームのことを一つのCommunity(コミュニティ)であると考えています。コミュニティとは直訳で「共同体」や「地域社会」といった意味合いですが、インターネットの世界においては「特定の目的や話題について交流するユーザーの集合体」のことを指します。YouTubeには世界中の様々な人種、年代、性別、趣味や趣向、考え方、信仰を持った人が集まっています。YouTube を利用するということは、その集合体の一員になるということです。すべてのユーザーが 互いへの信頼の上に楽しく利用できるようにガイドラインというものが存在しています。コミュニティガイドラインは、いわばYouTubeという社会における法律なのです。

つまり再生回数を増やすツールを使う行為は実際の社会の法律に触れるような行為ではありませんが、YouTubeという社会においては犯罪行為に等しいといっても過言ではないのです。

更に付け加えるのであれば、違反行為かどうかの判断はYouTube次第というのが重要なポイントです。YouTubeの世界においては、YouTubeがルールです。現実の社会で犯罪行為があったとしても、極端な話、時間で解決されるような制度がありますが、YouTubeの世界に時効はありません。業者によっては100%の安全性を約束しているところもありますが、仮に今現在はGoogleに検知されないツールで再生回数を増やしていたとしてもGoogleのAI技術は日々進化しております。過去に一度でもこういったツールを使った場合は、一生その違反行為は残り続け、いつかは何らかのペナルティを課される危険性を孕んでいるということを覚えておきましょう。

実際に2019年12月に利用規約に変更がかかり、多数のアカウントが利用停止になるという事態がおきました。

YouTube 上の不正アカウントは削除の対象に

これはYouTube は独自の裁量により、ユーザーのアカウントを削除する可能性を示しています。YouTubeがこのようにチャンネルに何らかのペナルティを課すときは具体的な理由を明文化しない上、異議申し立てが通る可能性も低いです。繰り返すようですが、YouTubeの世界では、YouTubeがルールです。YouTubeがクロと言ったらクロなのです。再生回数を増やすツールは将来的にそうなってしまっても良いという方以外は絶対に控えるようにしましょう。

YouTubeの再生回数を増やす正攻法とは?

意図的に再生回数を増やす行為が禁止されていると言いましたが、実は規約違反にならない唯一の拡散方法があります。それはGoogle広告(旧:Googleアドワーズ) を利用したYouTube動画の拡散方式です。Google広告とはGoogleが運営する広告主向けの広告出稿サービスのことです。YouTubeを利用した事がある人なら誰しも一度は動画が始まる前の数秒間、広告を見た事があると思います。Google広告を利用することで自分の動画この枠にを出す事ができるのです。この方法は公式で推奨している拡散方式ですので、外部のツールのようにペナルティーを受ける心配が一切ありません。VMJPではこの利用規約に抵触しない方式でユーザーの動画を拡散します。

ここで皆さんは「なぜVMJPなのか?」という疑問が浮かんでくるかと思います。Google広告なら誰でも簡単に出稿でき、わざわざ業者に依頼しなくてもできるからです。それがこの拡散方法の落とし穴です。自分でGoogle広告に挑戦すると初めは費用だけかかり、思っていたような成果が出ずに失敗に終わってしまったという方がほとんどです。事前のリサーチや検索ワードの選定、ターゲティングなどを見誤ると莫大なコストと時間がかかってしまいます。それだけで済めばまだ良いですが、闇雲にターゲティングすると、場合によっては動画の低評価につながってしまいます。あのAppleでさえ、動画のクオリティは非常に高いのに、幅広いターゲティングでTrueView広告を出しているので動画の低評価が多くついているのです。より効果的に、かつ一定の費用を約束してくれるのがVMJPです。YouTubeのプロ集団VMJPに頼んで、あなたの動画再生回数を増やしましょう!

コメントする