YouTube(ユーチューブ)の収益単価を上げる方法

YouTube(ユーチューブ)で収益性の高いチャンネルのジャンルとは

YouTubeで収益化した動画の単価を上げて収入を伸ばす方法

同じYouTube(ユーチューブ)動画の1再生でも収益が高いジャンルと低いジャンルがあることをご存知ですか?おうち時間の増加や有名人の参入により、着実にアクティブユーザーを伸ばしているYouTubeにおいて、チャンネルの収益化自体はそこまで高いハードルではなくなってきています。

YouTube(ユーチューブ)の収益単価を上げる方法

さらにネットで検索すれば、様々なYouTube攻略法が溢れかえっており、それらをしっかりと自分の動画に落とし込み、継続的に動画投稿をすれば、収益化の条件を達成することは誰でも可能です。しかし、収益化審査をクリアした多くのYouTuber(ユーチューバー)が収益の増やし方で悩んでいます。元々、安定している職業とは言えないYouTubeですが、大物YouTuberでないなら尚更、収入を増やす為に躍起にならなければなりません。今回はそんなYouTubeで安定して収益を増やしていく為にどのようなジャンルが人気で、収益が多いのかについて解説していきます。

YouTubeの収益化基準について

まずそもそもYouTubeの収益化基準について知っているでしょうか?YouTuberを目指す方でこの数字を知らない方はいないかと思いますが、念のため記載しておきます。
・直近12ヶ月間の総再生時間が4000時間以上
・チャンネルの登録者数が1000人以上
細かいことを言えば、YouTubeの収益化ポリシーを遵守していることなども条件の一つかもしれませんが、この2つの条件を満たすことが最も難しいと言われています。この条件を満たした後にGoogle Adsenseアカウントを紐づけ、YouTubeへの申請をして、審査を通過すれば収益化が完了します。

収益単価を上げるジャンル

ではYouTubeの収益単価を上げるにはどうしたら良いのでしょうか?YouTubeの広告収入であられる収益は1再生あたり0.1円と言われています。これはあくまで公式の情報ではなく、実際のYouTubeチャンネルの数字を元に推測された収益単価です。またこの収益単価は動画のジャンルによっても上下します。ジャンルによっては0.1円/1再生以上にも以下にもなります。ジャンル別に収益単価を見ていきましょう。

金融・不動産・保険・株・FXなどの教育系YouTuberの収益

このジャンルはお金に関する知識などを解説しているということもあり、動画を視聴している人もお金を持った富裕層が多いです。従って、こういったユーザーをターゲットにしている広告主も高い予算を投じて広告を出向しています。専門性の高いジャンルにはなりますので、動画がバズって再生回数が100万再生に行くようなことはなかなかありませんが、1再生あたりの単価は高ければ2〜3円になる場合もあるようです。

健康・フィットネス・料理・ペット・ビューチィー系YouTuberの収益

これらのジャンルも上記のジャンルと同様に比較的生活に余裕がある層が見ていることが多いので単価が高めです。また、これらの動画などは繰り返しフォームをチェックしたり、手順を確認したりするので再生回数が伸びやすいジャンルでもあります。また、最後まで見ないと分からない内容の動画であれば視聴維持率も良い傾向にあるのが特徴です。1再生あたりの単価は0.1〜1.7円程度のようです。

お笑い・ネタ・企画・コント系YouTuberの収益

YouTuberと言われたらこのジャンルを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?小学生の将来の夢で1位になるような誰もがイメージしやすい、これぞユーチューバーといったジャンルです。このジャンルは編集の仕方次第では長い動画でも見てもらえる為、広告も挟みやすく1再生あたりの単価アップも狙えます。しかしやはり重要なのは、動画の面白さです。このジャンルは低い年齢層に多く見られるので、広告の内容も脱毛や育毛、肌荒れ、口臭ケア、ダイエットサプリなどの比較的、人を不快にさせるような漫画アニメのような広告が多いので動画の途中で離脱しないように工夫をするようにしましょう。しっかりとファンを囲い込んで動画の最後におまけとなるオフショットやNG集などを付け足しておくことで最後まで動画を見てもらえるようになるでしょう。1再生あたりの単価は0.05〜0.8円程度のようです。

ゲーム実況者の収益

ゲーム実況はお笑い系の動画と似ており、広告を挟みやすく長時間のプレイ動画も受け入れられやすいジャンルです。トークが面白いかどうかは非常に重要ですが、顔出しなしで収益を得られるジャンルなので、人気です。裏を返せば競合となるチャンネルも多いので要注意です。有名になればゲームの制作会社から企業案件を受けることもありますので、広告収入以外の収入も期待できるのが特徴です。1再生あたりの単価は0.03〜1.2円程度のようです。

音楽・バンド・歌ってみた系チャンネルの収益

MV(ミュージックビデオ)などのような動画の場合、動画の途中で始まるようなTrueviewインストリーム広告は音楽を止めてしまう為、挟み込むことはできません。その為多くのアーティストは動画が始まる前に広告を差し込むか、動画の画面中央下に表示されるオーバーレイ広告というバナー広告をつけたりしています。このタイプの広告であれば音楽自体の進行を妨げることはありませんのでオススメです。しかし他ジャンルに比べるとどうしても広告を差し込む数が少なくなってしまいがちなので、1再生あたりの単価を上げるのはなかなか難しいようです。ただし、中毒性の高い楽曲や繰り返し観たくなるようなMVを作成していれば単価は安くても再生回数を増やして、最終的な収入を伸ばすことが期待できるので、音楽や映像のクオリティーを落とさないように心がけましょう。1再生あたりの単価は0.05〜1円程度のようです。

キッズチャンネルの収益

数年前にYouTube界隈を大きく賑わせた事件がありました。子供向けチャンネルのパーソナライズ広告停止問題です。YouTubeがCOPPA(児童オンラインプライバシー保護)法という法律に違反していたということで、子供向けチャンネルから広告が剥がされるようになった事件です。YouTubeでは子供向けのコンテンツをこう定義しています。

・子どもが動画の主な視聴者である。
・子どもが主な視聴者ではないものの、子どもを視聴者として想定した俳優、キャラクター、アクティビティ、ゲーム、曲、物語、テーマが動画に含まれているため、子どもを対象としている。
(YouTubeヘルプ 「コンテンツが子供向けかどうか」https://support.google.com/youtube/answer/9528076参照)

子供向けチャンネルの設置をするとパーソナライズド広告が設定出来なくなる上、エンドカードや終了画面の設定ができなくなります。その為、1再生あたりの単価低いだけでなく、他動画への流入もできなくなります。このジャンルで収益アップを狙うのは避けた方がよさそうです。

YouTubeのチャンネルを収益化して単価を上げる方法

収益単価が高いジャンルでYouTubeチャンネルを始めよう

あなたが得意なジャンルのコンテンツはありましたか?もしあなたがやりたいジャンルの単価が低くても落ち込むことはありません。VMJPではそんなあなたのYouTubeをサポートするプロ集団です。VMJPはYouTubeであなたの動画を圧倒的に拡散し、収益化を支援する為の総合サービスを展開しています。YouTubeの検索ランキングで上位を獲得するためのSEO対策、ターゲティングリサーチ、運用コンサルティング、動画編集など、YouTubeに関することならなんでも行っております。あなたがYouTubeで稼ぎたいなら、まずはVMJPにご相談ください!

YouTubeの登録者を安く購入する場合は こちら
YouTubeの再生回数を安く増やす場合は こちら
YouTubeの高評価を安く購入する場合は こちら
YouTubeのシェア(共有)を安く購入する場合は こちら

コメントする