youtube収益化条件と審査

【最新版】YouTube収益化条件と審査の意外と知らないところ

YouTuber(ユーチューバー)を目指すということは自身のYouTubeチャンネルを収益化し、そこから収入を得るということです。YouTubeが一つの職業であるという認識が世間に広まってきていることもあって、自分の活動拠点をYouTubeに移す芸能人の方や、副業として自分の特技を生かしたチャンネルを運用するサラリーマンの方が増えています。

YouTube収益化審査の条件とは

今回はどんなユーチューバーを目指すにしても、確実にクリアしなければならない収益化の絶対条件について紹介していきます。もちろんこの条件は既にご存知の方も多いかと思いますので、後半では意外と知られていない最新の指標について解説していきます。

YouTubeチャンネルを収益化するための絶対条件

YouTubeチャンネルを収益化するための条件はYouTubeの公式サイトでこのように紹介されています。


〜YPP利用資格の最低要件〜

1.すべての YouTube の収益化ポリシーに準拠している。
2.YouTube パートナー プログラムを利用可能な国や地域に居住している。
3.有効な公開動画の総再生時間が直近の 12 か月間で 4,000 時間以上である。
4.チャンネル登録者数が 1,000 人以上である。
5.リンクされている AdSense アカウントを持っている。

『YouTubeヘルプ>ヘルプセンター>YouTube パートナー プログラムの概要、申し込みチェックリスト、よくある質問』

 https://support.google.com/youtube/answer/72851?hl=ja


YPPとはYouTubeパートナープログラムの略称で、YouTube上で動画を投稿するクリエイターがチャンネルを収益化することで表示されるようになる広告や、YouTubeの利用者による視聴から収益を受け取ることが出来るようになるプログラムのことです。上記の審査条件を一つずつ確認していきましょう。

まず1つ目は「すべての YouTube の収益化ポリシーに準拠している」です。YouTubeにはコミュニティガイドライン利用規約Google AdSenseプログラムポリシー といった複数のルールが存在します。YouTubeに集まる様々な人が健全にYouTubeを楽しめるようにこのようなルールが存在しております。全文を覚えておく必要はもちろん無いですが、1度でも目を通しておくと良いでしょう。これらのガイドラインを遵守していない動画やチャンネルは広告が剥がされたり、削除の対象となり、再三に渡る警告を受けた場合はチャンネル自体がBANされます。収益化前のアカウントにおいては特にこのようなガイドラインに気をつけてコンテンツを拡充させましょう。

2つ目の条件は利用地域を日本に設定してあれば問題ありません。それ以外の国はこちらからご確認ください。

3つ目と4つ目の条件は最も重要な条件であると共に、最も難しい条件です。およそ9割のYouTuberがこの条件を達成できずに挫折していくと言われています。3つ目の条件である「有効な公開動画の総再生時間が直近の 12 か月間で 4,000 時間以上である」というのはYouTubeのクリエイターツール>アナリティクスから確認することができます。自分の動画がどれだけの時間、視聴されたかの合計をこの画面から確認することができます。この時間の合計が4,000時間をオーバーして初めて3つ目の条件をクリアできるのです。注意点としては「有効な公開動画」という文言です。これは諸説ありますが、限定公開に設定されている動画はカウントされません。動画の公開状態には気をつけるようにしましょう。

4つ目の指標であるチャンネル登録者数についてもYouTubeのアナリティクスから確認することができます。こちらの1,000人という指標を達成するのは特に厳しく、人によっては2年以上かかった方もいるようです。これは、ある程度の充実したコンテンツをコンスタントに配信し続けていないとチャンネル登録されないからです。何らかの形であなたの動画に触れた視聴者が、あなたのチャンネルの動画一覧を見たときに統一感のあるサムネイルや、タイトル、テーマがしっかりと整備されているとチャンネル登録の可能性も高まることでしょう。チャンネル登録者と総再生時間の条件を満たすと通知が届く設定ができるような仕様になっていますので一度は確認しておくようにしましょう。

収益化条件の進捗はYouTubeアナリティクスから確認

5つ目のAdSenseについては、すでに AdSense アカウントをお持ちの場合は、そのアカウントを利用しましょう。1つの AdSense アカウントに自分のチャンネルをいくつでもリンクができるので、サブチャンネルを開設した際は忘れずにリンクするようにしましょう。AdSense アカウントをお持ちでない場合は、画面指示に沿ってアカウントを作成してください。

これらの5つの条件を満たして初めて収益化審査に進むことが出来ます。審査を通過した場合は、そのまま収益化されたYouTubeチャンネルとしての活動が認められます。承認されなかった場合はポリシーやガイドラインに準拠していないと判断されているので、自分のチャンネルのコンテンツを再度見直しましょう。不承認から30日経過しないと、再申請ができませんのでご注意ください。

審査で意外と知らない最新の指標

ここまで収益化に必要な絶対条件について説明して来ましたが、ここからは意外に知られていない審査時の最新の指標についても解説していきます。まず重要と言われているのは「コメントと高評価」です。YouTubeが公式で発表している収益化条件の中には含まれていないので、多くのYouTuberが疎かにしがちですが、視聴者からの反応はその動画の質をチェックする際の大切な要素となっています。再生時間や登録者数が条件を満たしていても、低評価率が高いチャンネルやそもそも評価が少ないチャンネルは収益化審査に通りにくい傾向にあります。またGoogleのAI技術はコメント欄に書かれている内容がポジティブなものかネガティブなものかまで感知できると言われています。そもそものコメントがなくてはその評価もできませんのでこちらも意識したコンテンツづくりを心がけましょう。
またコメントや高評価に付随して大事な指標と言えるのが「熱心な視聴者」の存在です。この熱心な視聴者についてはYouTube Creator Academyという動画クリエイター向けの公式コミュニティにて紹介されています。チャンネルの熱心な視聴者がいればYouTubeの動画広告以外の収入源に幅広いメリットを及ぼします。YouTubeとしてもコアなファンの存在が多ければ、それだけ多くの収益を生むことができるチャンネルということになるので高く評価されるのです。具体的な数字で表せない分「熱心な」という曖昧な表現になっておりますが、基本的には登録者が動画を「視聴する」「コメントする」「評価する」のどれかです。それに加えて最近では、TwitterやFacebookへの「共有・拡散」、複数の動画での「再生リスト作成」、投稿時の「通知をオンにする」などもチャンネルの評価UPを手助けしているようです。あくまで公式の発表ではありませんが動画内で呼びかけておくことをオススメします。

達成したいならVMJPにお任せ

YouTubeチャンネル収益化に関するいくつかの条件についてご理解いただけたでしょうか?読みながら感じられたかもしれませんが、これらの基準や条件をすべてクリアしていくのは時間的にも労力的にも容易なことではありません。そこで我々VMJPの登場です。VMJPはYouTubeに特化したビデオマーケティングの総合支援サービスです。VMJPにお任せいただければ、この記事で解説してきた再生時間や登録者の条件をクリアすることも可能です。よくある再生回数やチャンネル登録者数を購入し、水増しする業者と違い、VMJPではYouTubeが唯一、公式で推奨する拡散方法のTrueView広告などを使ったアプローチをします。それ以外の方法で不自然にバズらせた動画が規約に違反してペナルティを受けてしまったという話を聞いたことはありませんか?VMJPなら100%安全な方式でマーケティングするので、毎日恐る恐る、YouTubeを開く心配もありません。また綿密な調査とアカウント収益化実績から、投稿する動画に関心があるユーザーに高い精度でターゲティングするので高評価・コメントを中心としたポジティブなリアクションが生まれやすいのも特徴です。YouTubeへの道は一人の力ではクリアできません。収益化の条件としっかりと理解し、その条件を忠実かつ大胆にクリアしていきたいならVMJPにまずはお問い合わせください!

コメントする