YouTubeの再生回数やチャンネル登録者を増やす為のツール

YouTubeの再生回数やチャンネル登録者を増やすツールまとめ

YouTubeの視聴回数や登録者数を伸ばすツールまとめてみた

YouTube(ユーチューブ)の分析をツールを使っていますか?YouTuber(ユーチューバー)で収入を得ようとする人が増える中、再生回数を増やしたり、チャンネル登録者を伸ばす為の分析ツールも多数登場しています。

ユーチューブの視聴回数や登録者数を増やす為のツール
YouTubeで生き残る為には自分のチャンネルは勿論、競合チャンネルの分析や概要欄やタグの最適化などのSEO対策が必要です。YouTubeのクリエイターは誰でもYouTubeアナリティクスというツールを利用することができますが、世の中にはもっと便利で高度な分析ができるツールが存在します。今回はYouTubeの再生回数を増やすツールをまとめてみました。

そもそもSEOって何?VSEOとの違いは?

そもそもSEOという言葉を聞いたことがあ流でしょうか?SEOとは(Search Engine Optimization)の略で日本語では「検索エンジン最適化」という意味があります。世の中のほとんどの方が毎日のようにインターネットに触れるようになった現代、何かについて情報を得ようとした時、まずスマホやPCで検索します。その際、ほとんどの方がGoogleで検索します。そこで最適化されるということは、ざっくり言ってしまえば検索ページの上位に表示されるということです。上位にあればあるほど、そのサイトはクリックされやすくなります。この検索順位を上げる為にはGoogleに優良なサイトであるという評価をえなければなりません。この検索順位を上げる為に世のマーケターたちは日夜、精進しているのです。

YouTubeの親会社はGoogleですので、YouTube検索においても同様のアルゴリズムが適用されています。視聴者にとって有益な動画はYouTubeからの評価が上がり、検索順位が上昇したり、関連動画に表示されやすくなり、再生回数を伸ばしやすくなるのです。VSEO(Video Search Engine Optimization)という言葉を最近よく耳にするようになったのも、YouTubeで検索上位になることの重要性が増してきたからと言えるでしょう。

まずはYouTubeのアナリティクスを確認してみよう

世の中活動するWEBマーケターはSEO対策をする際、必ずと言っていいほど、なんらかのツールを使ってキーワードの分析や自分たちのコンテンツを解析しています。これはYouTubeにも言えることです。有名人から一般人まで様々な人がYouTubeに参入している昨今、優れたクリエイターにとって優良なコンテンツを生み出すだけではなく、データを収集・分析し、そこから次の動画に生かしていくスキルが求められているのです。

YouTubeのクリエイターは誰でもYouTube上で分析ツールを使うことができます。[YouTube Studio]の[アナリティクス]から自身の動画やチャンネルがどんなスコアなのかを確認することができます。

YouTubeアナリティクスで確認できる数値は以下の通りです。

概要 : 総再生時間、視聴回数、平均視聴時間帯、平均再生率、チャンネル登録者
リーチ : インプレッション数、インプレッションのクリック率、ユニーク視聴者数、視聴者あたりの平均視聴回数
Premium : YouTube Premiumの視聴回数、YouTube Premiumの総再生時間
カード : クリック率、カードの表示回数、表示1回あたりのクリック率、ティーザーのクリック率、ティーザーのクリック数、ティーザーの表示回数、ティーザー表示1回中のクリック数
収益 : 推定収益、トランザクション収益、トランザクション、トランザクションあたりの収益、YouTube Premiumからの収益、推定広告収益、YouTube広告収益、推定Double Click収益、推定AdSense収益、広告の表示回数、CPM、再生に基づくCPM、収益化対象の推定再生回数、RPM
終了画面 : 終了画面要素のクリック率、終了画面要素の表示回数、終了画面要素のクリック数
交流 : 登録者増加数、登録者減少数、高評価数、低評価数、評価比率、共有数、コメントの追加回数
再生リスト : 起動回数、終了回数、離脱率、平均時間、開始あたりの再生回数

このような数字をYouTubeのアナリティクスでは確認することができます。これらの数字を元にパフォーマンスが良い動画を確認して再生回数やチャンネル登録者を増やす為のデータとして活用しましょう。

参考:(アナリティクスでパフォーマンスを分析する>動画のリーチについて)

 

再生回数やチャンネル登録者を増やすツール

YouTubeアナリティクスでは基本的なパフォーマンスの数値を確認することができるとご理解いただけたかと思います。しかし、これらの数字はあくまで「データ」であり、再生数やチャンネル登録者を増加させる為の「分析ツール」ではありません。

YouTubeにおけるVSEO対策をする為にはタイトル、概要欄のキーワード選定、ビデオタグやハッシュタグの最適化、トレンドの把握など様々な要素の分析が求められます。登録者を伸ばしたり、再生時間を増やす為には、もっと高度な分析ツールが必要です。

ここからは、トップYouTuberによく使われているYouTubeのSEO分析ツールやキーワード解析ツールを無料のものから有料のものまでご紹介していきます。

【For Do Analysis】

「機能」
・キーワードリサーチ機能
・チャンネルの長所短所分析
・ヒット動画分析
・サムネイルやタイトル変更時の視聴者数の変化測定
・他動画の人気タグを自動で取得
・Google翻訳で動画内音声をテキスト化

「利用者実績」
ズボラストレッチ

AYAMAR美ヘアチャンネル

SHOKO美チャンネル【40代50代の為の美容法】

みおの女子トレ部

「料金」
月額100,000円〜(使用可能アカウント数によって金額が変わる)

「運営会社」
株式会社未完

「特徴」
・非公開ノウハウが詰め込まれている
・タイトルとサムネを変更時の視聴回数分析が特徴的
・シンプルで簡単な操作
・年中無休のカスタマーサポート

 

【ahrefs】エイチレフス

「機能」
・YouTubeキーワードツールで「検索ボリューム」「複合キーワード候補(指定のキーワードを含む)」を調べることができる。
・国(エリア)、月別の検索
・クリック率(CPS)の表示(検索ユーザーがこのキーワードを検索したとき、平均何種類の検索結果をクリックするかの指標)
・再規律(RR)の表示(そのキーワードを再び検索する人の割合)
・キーワードのリスト保存

「利用者実績」
Ahrefsのサービスは2019年1月時点で日本国内の利用者実績は1,100件以上

「料金」
・キーワードのボリュームを検索するだけなら基本無料
・プロジェクトの数や追跡できるキーワードの数によって「ライトプラン:月額99ドル」「スタンダードプラン:月額179ドル」に分かれる(最初の7日間は7ドルでトライアル可)

「運営会社」
Ahrefs(Ahrefs Pte. Ltd.)(シンガポールに本社)

「特徴」
・世界で60万人を超えるデジタルマーケティングの担当者が導入しているSEO分析ツール
・本職でウェブマーケティングをしている方も使っているので精度と信頼がある

 

【TUBERS】

「機能」
・類似チャンネルを教えてくれるライバル検索機能
・製品や広告主、動画単位でタイアップ事例のデータベースの閲覧
・登録者、ジャンル、高評価数など様々な項目でフィルターをかけてチャンネルや動画を検索できる機能
・国内の130,000チャンネルの詳細データ分析(CSVデータとして出力可)
・YouTubeチャンネル人気ランキング及び多用されているタグのトレンド把握
・定期的にモニタリングしたいチャンネルをリスト化するお気に入り機能
・企業タイアップ検索

「利用者実績」
Rakuten Linkshare
GROVE
Hakuhodo DY media partners

「料金」
不明(無料トライアル1週間)

「運営会社」
クリエイターニンジャ株式会社

「特徴」
・データ保有数国内No.1
・ランキングなどが参考になる

 

【kamuitracker】

「機能」
・チャンネル分析
・企業から仕事のオファーを受ける
・ファンの属性や好みを知る
・コラボ相手を探す
・競合チャンネルの情報分析/比較
・過去のタイアップ動画データベースの閲覧
・インフルエンサー詳細情報の閲覧

「利用者実績」
株式会社magicnumber
株式会社FIREBUG
株式会社サムライパートナーズ
株式会社ウィングリット

「料金」
基本無料

「運営会社」
株式会社エビリー

「特徴」
・企業案件に紹介に強み

YouTubeの分析ツール まとめ

いかがだったでしょうか?競合分析、トレンド分析などYouTubeを攻略するツールはたくさんあります。いろいろ試して自分に合ったものを選びましょう。

コメントする