YouTubeで収益を得る仕組み|収益化|再生回数|再生時間|登録者

【2020年版】YouTubeで収益が得られる仕組み -完全解説-

あなたはYouTube(ユーチューブ)で、どのようにして収益を得るのかをどれだけ知っていますか?先日発表された中学生男子のなりたい職業ランキングでついに1位になったYouTuber(ユーチューバー)。HIKAKINやはじめしゃちょーといった日本を代表する動画配信者のコンテンツを見れば、YouTubeでお金を稼ぐことに憧れを抱く人がいても、なんら不思議ではありません。

YouTubeで収益を得る仕組み|再生回数|収益化|再生時間|登録者

芸能人、アイドル、スポーツ選手、ビジネスマンなども本格的に参入し始めており、トップユーチューバーと同等の人気を集めています。もはやYouTuberが以前のような冷たい視線を送られる事も少なくなり、時代の流れとともにYouTubeにお金が流れ込んでくるような風向きに変わっています。今回は、そんな今最も盛り上がっている職業であるYouTuberはどのようにして収入を得ているのか、図解も含めて解説していきます。
YouTubeで収入を得る方法は大きく分けて4つです。広告収入、スーパーチャット、チャンネルメンバーシップ、企業案件です。一つずつ見ていきましょう。

YouTuberの収入といえばこれ!-広告収入-

広告による収入はYouTubeで収入を得る仕組みの中で最も有名な収益システムです。YouTubeを見ていると、動画の開始前や開始後に本編以外の映像が流れてきます。これはチャンネルが収益化されたアカウントでのみ表示される広告です。誰でも一度は見たことがあるかと思います。広告の種類としては、大きく分けてTrue View広告とバンパー広告とそれ以外の広告に分類されます。

YouTubeの広告の種類 TrueView広告

それぞれの形式で収益を得られる仕組みが違っており、その金額は非公表ですが、大体1再生あたりだいたい0.1円と言われています。動画の長さや登録者の年齢層、高評価率、視聴維持率などによって変動しますので、もっと高い単価になることも低い単価になることもあります。仕組みとしてはまず、広告主がYouTubeに広告費を払い、広告掲載依頼をします。YouTubeは依頼された内容に合う動画に広告をつけます。視聴者がその動画を再生した回数や時間、リンクをクリックした回数に応じてチャンネル主に収益が入るという仕組みです。

YouTubeで広告収入を得る仕組み

昨年ユーチューバー界隈で大きな騒ぎとなったのが子供向けチャンネルのパーソナライズ広告停止問題です。YouTubeの親会社であるGoogleがCOPPA法(児童オンラインプライバシー保護法)に違反したとして多額の制裁金を払ったことが発端です。子どものプライバシー情報を守る為の処置ですが、多くのYouTuberが自分の配信するコンテンツがどのような層に届いているのか考えるきっかけになりました。自分が視聴者に届けたいコンテンツを念頭に置きながらも、どんな人たちをターゲットにするとより高い広告効果をを生むのかを考えながら動画を制作しましょう。

熱心なファンの存在が収益を左右する-メンバーシップ-

YouTubeのチャンネルメンバーシップとは、視聴者が毎月490円を支払うことによってチャンネルの会員となり、メンバー限定の特典を得られる制度です。わかりやすく言えばYouTuberのファンクラブのようなものです。一つのアイドルのファンクラブに属していても他のアイドルの会員特典は得られないように、一つのYouTuberのチャンネルメンバーになっても他のYouTuberのメンバーになることはできません。チャンネルごとに個別の月額を払う仕組みになっています。支払われた毎月の料金は7割が投稿者の収入となり、残りの3割はYouTubeに分配されます。チャンネル登録者数が3万人以上のチャンネルのみがこの機能を使うことが出来ます。

YouTubeチャンネルメンバーシップで収益を生む仕組み

注意点としてはメンバーシップに対する考え方や限定コンテンツのバランスを吟味しないといけない点です。多くのユーチューバーはこの制度を導入した際、その経緯やメンバーシップに対する考え方についての説明に手を焼いたようです。チャンネルメンバーでない人達からは「お金を払ってる方が偉いのか?」という批判がある一方で、限定コンテンツがあまり魅力的でなかったり運用に不備があったりすると、メンバーになった人達から「お金を払ってる意味がない」といった批判を浴びたようです。トップYouTuberの水溜りボンドさんはチャンネルメンバーシップについての考え方を導入直後に語ったり、導入から一年経った際にその心境を語ったりと上手な付き合い方をしているのでぜひ参考にしましょう。

【開始直後のチャンネルメンバーシップに対する考え方】

【運用から一年経った際の経過報告】

エンタメの真骨頂!配信者の腕が試される-スーパーチャット-

チャンネルメンバーシップがファンクラブに例えられるとしたら、スーパーチャットは、いわばライブイベントにおける「おひねり」や「チップ」のようなものです。今では「投げ銭」と言う方がイメージしやすいかもしれません。スーパーチャット(略してスパチャ)はYouTuberがライブ配信する際に直接的にお金を送付して支援できる収益システムです。チャンネル登録者が1,000人以上になるとこの機能を使うことが出来ます。YouTubeでライブ配信をすると画面横にライブチャットの欄が設置されます。ここからファンは投げ銭をするようにユーチューバーに送金できるのです。投じた金額のリアクションがその場ですぐ見れるのでファンにとっても非常に嬉しいシステムです。スーパーチャットで発生した収益のうち70%がクリエイターの収入になるそうですが、実際には税金や、手数料などが差し引かれて65%〜50%まで減ることもあるそうです。

YouTubeでお金を稼ぐ仕組みスーパーチャット(投げ銭)

今はYouTube以外にも様々なライブ配信アプリがあるのでスーパーチャットから収益を得ることに集中するというよりかは、この機能を通じてよりコアなファンの心を掴むことを意識したほうが良いでしょう。

どれだけ自分と視聴者を正確に分析できている?-企業案件-

最後は企業案件です。こちらは厳密にいうとYouTubeが公式でサポートしている収益システムではありませんが、YouTube Creatoracademyというオフィシャルコミュニティサイトにて推奨されている方法です。

 

こちらの動画ではBrand Deal(ブランド取引)と呼ばれて紹介されています。企業によって求めるYouTuberのタイプは変わりますので、何百万人ものチャンネル登録者がいなくても、まとまった収入を得るチャンスがあります。YouTubeを介さずに企業と直接やり取りできるので手数料を持っていかれることもありませんし、どのくらいの金額で、どのくらいのクオリティのものを作るのかもあなたの営業力次第です。
企業案件はYouTubeで稼ぐのに重要
もちろん登録者数が数百人くらいでは企業から声はかからないかもしれませんが、5〜7000人くらいの登録者でも企業案件がくるチャンスもあるようです。大事なのチャンネルの方向性が統一されていて、そこにしっかりとファンがついているかどうかです。企業はなるべく高い精度でのユーザーアプローチをしたいと考えています。YouTubeのアナリティクスでは年齢、性別、国や地域、言語、OS、デバイスの統計情報を確認することが出来ます。ですから自分のチャンネル登録者の単純な数値だけではなく、これらの数値を分析し、どんな層にターゲティングができるのかを意識したチャンネル作りをしましょう。少ない登録者でもしっかりと耳を傾けているファンがついている特化型チャンネルを目指すのも良いでしょう。

YouTubeのことはプロにお任せ

ここまででYouTuberがどのようにして収益を得ているかを解説していきました。それぞれの広告の形態によって、広告代理店や芸能事務所のような一面があります。つまり稼げるYouTuberに求められる能力はクリエイターとしての動画編集能力だけでなく、広告代理店としての営業力や分析力、芸能関係者としてのマネジメント力やエンターテイメント力が求められます。これらの能力を最初から持ち合わせている人はいませんし、経験者でも一人でこなすのはとても難しいことです。だからこそYouTubeのプロ集団=VMJPが存在するのです。VMJPとはYouTubeであなたの動画を圧倒的に拡散し、収益化を支援する為の総合サービスです。YouTubeの検索ランキングで上位を獲得するためのSEO対策、ターゲティングリサーチ、運用コンサルティング、動画編集など、YouTubeに関することならなんでも行っております。あなたがYouTubeで稼ぎたいなら、まずはVMJPにご相談ください!

コメントする